【任意売却】

任意売却とはどのような事でしょうか?

・簡単に言うと、抵当権が設定されている不動産物件を
 競売される前に、ご自分の意思で売却する行為の事を言います。

■このような言葉では、一般の方には分かりにくいので、
 もう少し分かり易く説明します。

・不動産には、抵当権が設定されている場合が多くみられます。
 これは債権者(金融機関など)に、不動産を担保としてお金を
 借りているからです。

・お金を借りたら返済が始まります。
 しかし、何らかの理由(病気やけがや失職)により返済が滞ると、
 担保として抵当権を設定された不動産は、  差し押さえられる事
 になり、最終的には裁判所により競売となります。

・問題は、なに?

 問題1. 不動産を売却しても借入金を返済しきれない場合が
 多い事にあります。

 (借りている金額の割合がその不動産に対して少額の場合、
 売買代金で借金を完済する事もでき、  この場合は
 問題はほぼありません)

 問題2. 返済が滞り始めると通常生活に必要な支払等も
 滞り始め、固定資産税、市民税、電気代、水道代等
 特に、税金関係の滞納が続くと差し押さえが入る上、
 延滞金の金利が高く(年利10数%)大きく膨れ上がっていきます。

 問題3. 抵当権が複数設定されている場合もあります。

 上記の状態になると、個人での対処が困難になり競売の
 可能性が非常に高くなってきます。

・知っておいてほしい事

 競売による不動産の売却は、一般の市場で売買される
 金額より大きく下回る場合がほとんどです。

 更に、競売で不動産を売却されたからと言って、借金が
 なくなる訳ではありません。

 競売での売却金額は、債権者への返済に充てられますが、
 不足分があればその分は借金として残ります。

 その為、競売後も返済が続きます。

・結果的に、競売になる前に少しでも市場価格に近い価格で
 売却したいが、借入金や滞納金を返済出来る金額に届かず、
 抵当権も外せない。

・最終段階(競売手続開始)に入ると、あなたの意思に関係なく、
 どんどん手続きがすすんでいきます。

お一人で悩まないでください!

・少しでも高く売却したい方は、『任意売却』をお勧めします。

・このような状態になら通常の売買は困難です。
 任意売却に精通している弊社へご一報願います。

※ご連絡頂ければ、今後の流れについてご説明致します。

・任意売却に係る費用は一切必要ございません。<無料>

■任意売却における弊社の業務

・抵当権設定者(金融機関など)との打ち合わせ。

・差し押さえ者(税金関係者:市、県、国の関連部署)との打ち合わせ。

・必要に応じて、弁護士との打ち合わせ。

・不動産の売却業務(査定、調査、広告、購入者探しなど)。